×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

富士山日記2007

2002年版へ   2005年版へ

※当サイトはフレーム構造になっております。左フレーム(メニュー)が表示されない場合はこちらより入り直してください


2007.11.13

ほぼ2年ぶりに富士山を撮るためだけの撮影行を決行しました。といっても河口湖・御坂峠界隈なのでそう遠いわけではありませんが・・・。

朝5時30分、山中湖にて。朝4時に出発したところあまりにも早過ぎる〜というわけで山中湖に立ち寄りバルブ撮影を試みます。空は晴れていて無数の星が・・・綺麗でした〜。ただ月が出ていないために富士山の様子が全く分かりません。バルブしても真っ暗だし・・・。空が少し明るくなり始めた5時半の撮影でようやく山の様子が見え始めましたがご覧の通り雲に覆われていました。

そのまま御坂峠に移動します。6時半頃の撮影。富士山の手前の雲がなかなか切れません。雲が切れるのを待とうと車で待機しますが切れません。8時になり一旦別のポイントへ移動します。

冨士急行線寿−三つ峠間の有名撮影ポイントです。写真の列車は元JR東日本の団体専用車を改装した「フジサン特急」。2本あるうちの1本が検査中ということでパノラマ運転台のついている車両がどちら向きなのかがわからずやきもきさせてくれましたが結果はご覧の通りでした。

再び御坂峠へ戻ってきました。11時近くなりさすがに山全体に日が差してきました。

御坂峠の旧道、茶屋の前だけでなく何箇所か撮影可能ポイントがあります。いろいろと試してみます。ただ失敗だったのが途中でレンズキャップを崖の下に落としてしまったこと・・・。このことでレンズのゴミが酷くなってしまったのは大失敗でした・・・。

河口湖へ移動しました。光線は完全に逆光ですがおかげで水面がギラリと輝いています。

大石公園です。ここではススキの穂と戯れてみました。


続きへ