×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

曽我の梅祭り2006.2.25

 撮影日記のメニューへ


厳しい冬の寒さも峠を越えた2月下旬、あちこちで梅が咲き始めます。今回は御殿場線沿線でも特に有名な小田原・曽我梅林まで出かけてきました。

この日は天気予報によると午前中は富士山も出る快晴なものの、午後から雲が出てくるとのこと。朝5時半起床でまずは裾野の富士山バックを狙いに行きます。

2月となると富士山は霞んで見えないことが多いのですが、この日の富士山はバッチリでした。

6:25、運用に復帰したばかりの115系S8編成+S7編成が走り抜けていきます。

その10分後にはクモヤ145も通過していきました。日の出直前の時間帯、わずか10分でかなり明るさが変わります。(注:ここ、裾野では箱根外輪山の山影となるため空は大分明るいのですが日の出時刻としては少し遅くなる)

追いかけて裾野駅の南側でももう1枚。建物の影が入ってしまった。

岩波の築堤に行きここでも撮影。そこから更に岩波駅北側の有名撮影地へ、先客が1人いた。見ると富士山バックとは全く関連がない位置に梅の木が立っていて、少しだけ咲き始めていた。これを絡めても面白い絵が撮れそうだなぁ、と思案しつつ富士山バックの立ち位置へ移動する。

ここはここでいいポイントなのでじっくり腰を置いて撮影したい気もするのですが、今回の趣旨は曽我の梅がメインなのでここでこの場からは撤収し曽我の梅園へ向かうことにしました。


続きを読む       撮影日記のメニューへ