×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東海道線前面展望 掛川−磐田


配線図・前面展望メニューへ


掛川駅発車

右端は天竜浜名湖鉄道(天浜線)。

ここで天浜線は右にカーブし分かれていく。

短いトンネルをくぐる

東名高速道路が山側に抜けていく。

新幹線と完全に並走状態。沿線は所々にユニチャームなどの工場が
立地しているほかは田畑が目立つ。

 

愛野駅が見えてきた。棒線駅だが場内信号機がある。

愛野駅 東京起点234.6km 駅間5.3km

左側にはエコパ・スタジアムがありサッカーの試合やコンサートなど
のイベント時には多くの乗客が乗降する。が、普段は静かな駅。

なおも平坦な直線区間が続く。

新幹線と離れる。

掘割に入ったところで袋井駅に到着する

袋井駅 東京起点238.1km 駅間3.5km

原野谷川を渡る。線路の付け替えが行なわれたのか
右側にも線路敷きだったっぽい敷地がある。

左はハウス食品の工場。工場と田畑だらけの広々とした中を進む

左から新幹線が接近してくる。田畑ばかりで広々としており、
新幹線にも防音壁がない。

新幹線と並行するのもつかの間東海道線は右にカーブしていき
新幹線から離れていく。右の丘陵の上にはNTNの工場がある。

磐田駅に到着。

磐田駅 東京起点245.9km 駅間7.8km


次(磐田ー浜松)へ  このページのトップへ