×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東海道線前面展望 金谷−掛川


配線図・前面展望メニューへ


金谷駅発車

牧の原トンネルは上下別の単線トンネル。

牧の原トンネル西側では上下線が離れていて
あたかも単線区間のように見える。

この少し先で上り線と合流して普通の複線区間となる。

築堤の上の直線区間。が、この後はカーブが待ち受ける。

倉沢踏切。この辺りカーブが左右左右と連続する。

東峰踏切。左側には茶畑。この先、大きく右にカーブする。

後方の踏切の辺りに友田信号所と呼ばれるスイッチバック式信号所が
上り勾配を登坂する貨物列車の待避所として設置されていた。
昭和24年には廃止されてしまったがそれらしい痕跡がなんとなく分かる。

右の盛土部分が待避線の跡だったのだろう。辺りは茶畑だらけ。

新幹線を跨ぎ越す。この後も右にカーブする。

ようやく丘陵地帯から離脱して直線区間に。

菊川を渡る。もう少しで菊川駅。

駅構内でガードの建設工事中。制限50がかかっていた。

菊川駅 東京起点222.2km 駅間9.3km

 

菊川駅を出るとすぐに右カーブし県道をくぐる。

しばし築堤の上の直線区間となる。右の県道沿いに
桜の木が植わっていた。

築堤上を右にカーブする。丘陵が迫りくる。

短いトンネルに入る

トンネルを抜けるとすぐに新幹線をくぐり並行する。
折しも遅れていた寝台特急はやぶさ冨士とすれ違う。

新幹線と少し離れるが、この左カーブで方向が変わる。
ゴルフ練習場のネットが非常に目立つ

徐々に新幹線と接近。右側には桜の木が・・・。

掛川駅が近くなりマンションなど高さのある建物が増えてきた。

掛川駅到着

掛川駅  東京起点229.3km 駅間7.1km

天浜線の車両も見える。


続き(掛川−磐田)へ  このページのトップに戻る