×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2003.2.10〜2.16 
新婚旅行でイギリスに行ってみた話#1 2/10

2/10 2/11 2/12AM 2/12PM  2/13その1 2/13その2  2/14  2/15〜16 旅行記メニュー


 結婚式から早3ヶ月、ついに新婚旅行の日がやってきた。2/10、5時に起床。身支度をする。トランクなど大きな荷物はクロネコヤマトの空港宅急便に載せており荷物らくらくである。タクシーで三島駅まで行き、こだま522号で東京まで行く。新幹線は久しぶりだ。品川を過ぎると山手線のE231やら汐留のビル群など沿線の変化が見てとれる。東京駅で横須賀・総武線地下ホームへ移動する。長い距離で嫌になるが、余裕時間をとっていたので問題なく乗り継げる。成田エクスプレス9号は12両編成。車内では妻と話をしたり車窓を眺めながら時を過ごした。それにしても253系はボックスシート。見知らぬ人と向かい合わせというのはとにかく気を使うし私にとっては心地よいものではなかった。1時間近くで成田空港第2ターミナル駅に到着する。

 

 成田空港で先に送っておいたトランクを受け取り、今回旅行の手配をしたJTBのカウンターで飛行機のチケットを受け取る。JALのカウンターで搭乗手続きを済ましてから一服。展望ラウンジから飛行機を眺める。

JALとJASの経営統合はもう周知の事でありますが・・・こんな写真いつまで撮れるんでしょう?(笑)

空港内の連絡シャトル。空港でも鉄分を求める奴(^_^;;;;  残念ながら乗れませんでした。

食事をしたりして時間を過ごし、いよいよ手荷物検査・出国手続き。問題なく通過し、搭乗口へ。

私達が乗ったB747−400.

そして時間になり乗りこむ。12時を少し過ぎ、JAL401便、東京(成田)→ロンドン(ヒースロー)はゆっくりと動き出した。見ていると、用地買収が出来ない滑走路予定地やら、工事中の誘導路、開業したばかりの芝山鉄道の線路も見える。確かに地上に上がってすぐ高架になりすぐに駅といった感じ。駅のそばには空港の整備工場があるばかりでこれというものはなさそうに見えるのだが・・・。やがて飛行機はメイン滑走路に入り、飛び立って行った。空から見る関東平野はなかなかいい眺めだ。飛び立ってすぐに九十九里の砂浜が見える。海に出たところで飛行機は北向きに方向を変え、その間に総武線・成田線酒々井付近・北総開発鉄道/住都公団の線路(成田新幹線の痕跡ともいう)、水戸、といろんな鐵道や都市を眺める事ができた。すんばらしい眺めだm(^o^)m 私の妻にはこんな素晴らしい眺めを独占してしまい申し訳ない(汗)飛行機は猪苗代湖を通り過ぎ、やがて雲海の上を超え、日本海を越え、そして広大な大シベリアに進んでいった。

 

 ここで今回利用しツアーについて簡単に触れておこう。今回はJTBの窓口で取り扱っていたパーソナルプランを利用した。私の仕事の関係上、7日間までしか休みが取れなかったのであるが、多くのツアーは8日又は10日間となっていて7日間という中途半端な設定ができるものは少なかった。また自由度の高いものを選んだ結果、JTBのパーソナルプランを選択したのだった。このプランは往復の飛行機+現地ホテルの手配が基本となり、あとは希望に応じて現地オプショナルツアー(別料金)を利用する事ができるのだ。つまり、宿と飛行機はきまっているもののそれ以外は自由行動である。私達はいくつかオプショナルツアーを取り入れたこともあり多少金額が張ったのだが、それでも2人で53万ぐらいだろうか。お土産代などの関連経費を入れてもトータルで70万円チョッとぐらいだったと思われる。

 

さて、飛行機の中はある意味退屈だ。幸いにもJALのこのB747−400の場合、いくつかの映画ソフトや音楽チャンネルを選んで個々の席に設置されているモニターテレビ+ヘッドホンっで鑑賞することが出来る様になっている。また飛行機のモニターカメラから見た真下(地上)の風景や現在地のナビなどもあった。妻と話をしたりもしたがいかんせんロンドンまでの片道12時間半は長い・・・。また機内食もこの行程の中で2回あり、これが腹の調子を狂わせる原因になったのでは?と思うのであった。途中寝ようともしたがわずか1時間ほどしか眠ることが出来なかった。そんな感じで退屈しながらの飛行だったがついにイギリスへ・・・。ロンドン上空は厚い雲に覆われていた。飛行機は徐々に高度を下げ、ついに雲の中へ・・・。何も見えない・・・。しばらくして雲が切れたときにはきっちり並んでいる住宅地が見え、そして地面に下りていた。現地時間で1640頃の到着となった。それから入国手続きなどを行い現地JTBスタッフ(日本人)と会う。JTB貸し切りバスでホテルまで行き、そこで今後の行動・ホテルなどの説明を受ける。そして1日目終了。

 泊った宿は「ロイヤル・ホーズガーズ」というかなりレベルの高いホテルである。ロンドン中心部に位置しテムズ川を眺めることが出来る。このホテルの写真は5日目(2/15)にて。

窓からの夜景その1。川はテムズ川。右の丸いのは「ロンドン・アイ」といわれる大観覧車。

北東を眺める。ほんと、素晴らしい景色でしたm(^o^)m

そんなこんだで1日目は終わる。明日からはいよいよ観光だm(^o^)m

 


2日目(2/11)へ  このページの先頭へ