×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

保線機械の部屋(大井川鐵道関連) 


御殿場線・東海道線を走る車両たちのページに戻る  このホームページのトップへ戻る

マルタイ・バラスト整理関連へ  牽引モーターカー関連へ  新幹線関連(1)へ
レール削正車・レール探傷車  トロッコ(被牽引車)関連へ  軌陸車関連へ

※画像をダブルクリックすると幅640ピクセルの画像が別窓で表示されます。
写真は2008.3.23、3.31、4.27のいずれかの日に撮影したものです。


・マルチプルタイタンパーM30

名鉄から移籍してきたマルタイ。が、使用されていない模様・・・。

 

・松山重車輛工業MJK-MR540

矢作建設とボディにかかれているが、おそらく名鉄の関連会社から
移動してきたものと思われる。レール輸送用トロとともにレールを運んでいるものと思われる。

 

・レール輸送用トロ

・散水タンクトロ

本来は除草剤散布に使うものなのだろうが・・・。以前神尾駅付近が大崩落し
SL急行が福用−千頭間の区間運転となった頃にはこのタンクを介して
(水質調整に用いられたらしい)給水が行なわれたという。

 

・0.5トン軽便トロ

ヨシイケ製のトロ。こんなんにも銘板がついているわけで・・・。

・軌道軽トラ

軽トラを改造したもの。線路上しか走ることができない。

・軌陸車

高所作業用(架線・トンネル点検など)用で線路上・道路上のいずれも走行可能である。

 


このページのトップに戻る 

御殿場線・東海道線を走る車両たちのページに戻る  このホームページのトップへ戻る

マルタイ・バラスト整理関連へ  牽引モーターカー関連へ  新幹線関連(1)へ
レール削正車・レール探傷車  トロッコ(被牽引車)関連へ  軌陸車関連へ  大井川鐵道関連へ