×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

保線機械の部屋(レール削正車・レール探傷車関連

御殿場線・東海道線を走る車両たちのページに戻る  このホームページのトップへ戻る

マルタイ・バラスト整理関連へ  牽引モーターカー関連へ  新幹線関連(1)へ
レール削正車・レール探傷車  トロッコ(被牽引車)関連へ  軌陸車関連へ 
大井川鐵道関連へ

JR東海事業用気動車(キヤ95、キヤ97)


レール探傷車

  
※写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

2006.11.11 天竜川駅にて  左側が前らしい。運転台の3連ワイパーが目立つ存在。

床下にはローラーがいっぱい。左の白い機器も測定に使うものだろうか?


レール削正車  先頭へ戻る

レールには列車の通過の度に相当の圧力がかかり、その結果割れ・傷、磨耗が生じる。これらを放置しておくと振動・騒音などが生じて最悪の場合レールそのものの折損にまで至ることも考えられる。そこでレールの表面を削って平滑にすることで走行安定性の確保、騒音の防止、乗り心地の向上を図るものである。

 

スペノ・インターナショナル製レール削正車
Mini8 M−6 8砥石

平成12年導入。当初は1両単独だった。藤枝駅にて撮影。

 


平成13年にもう1両(Mini8 M−7)が加わり2両固定で使用されるようになった。

 

正面からだとこんな感じ。屋根の上に載っているのは冷房装置だろうか?


吉原に留置されていた日本機械保線のN−49。左は発電機を積んだ電源車

(残念ながら現存しない)


このページのトップに戻る