×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

御殿場線前面展望 松田〜谷峨


前面展望:東海道線 熱海−函南 函南−沼津 沼津−原 原−冨士 冨士−蒲原  蒲原−清水 清水−静岡
静岡−焼津 焼津−金谷 金谷−掛川 掛川−磐田 磐田−浜松

前面展望:御殿場線 国府津〜松田 松田〜谷峨 谷峨〜足柄 足柄〜御殿場 ※国府津−御殿場間は2006.2.4撮影
 
御殿場〜富士岡  富士岡〜裾野  裾野〜沼津 ※御殿場ー沼津間は2005.10.15に撮影しました。

前面展望:身延線 冨士−入山瀬 入山瀬−西富士宮

※静岡県内私鉄路線の前面展望につきましては「たわたわのページ」(川柳五七さん運営)で
紹介されています。ぜひそちらもご覧ください。
たわたわのページ」内前面展望画像の紹介ページへ→
伊東線・伊豆急行 伊豆箱根鉄道駿豆線 岳南鉄道 静岡鉄道 大井川鐵道

配線図 御殿場線配線図   東海道線(熱海ー静岡)配線図  東海道線(静岡−豊橋)配線図
身延線(冨士−身延)配線図   身延線(塩之沢−甲府)配線図   伊東線配線図
 
岳南鉄道配線図   静岡鉄道配線図  大井川鐵道(大井川本線)配線図
遠州鉄道配線図  

※当ホームページはフレーム構造を採用しております。フレームが表示されない場合はホームページトップより入り直して下さい。


松田  起点10.2Km 駅間1.9Km 明治22年2月1日開業

 

跨線橋を渡ると松田駅の駅舎がある。が、小田急と連絡する南口に比べると利用客は少ない。

松田駅を出ると、しばらくは掘割の中を走る。写真の奥に左に曲がる線路があるが、かつては酒匂川まで引込み線が続いていた。

掘割地帯を抜けたところ。この辺りは住宅地となっているが、この先左手を見ると酒匂川を望むことができる。

左側は酒匂川だけではなく富士山も見える。

右側の白いフェンスが見えるのは国道246号。この先しばらく並行する。

この踏切、1997年だったか、列車と大型トラック(トレーラー?)との接触事故があった。115系S2編成のクハ115−616が被災し、それが原因で大垣区211系が御殿場線に入線したり、(B13のクハをS2につけた上で)モハ114−2613のみを別の編成に増結して4両編成にし霜取りに使用したなどの珍現象が生じたことがある。

先程の地点から右にカーブすると程なく東山北駅に到着する。右側の空き地は国道246号バイパス用地。右に東名高速道路が見える。


東山北  起点13.1Km 駅間2.9Km  昭和31年12月25日開業

 

しばらくは直線が続く。右側に国道246号と東名高速道路が並行する。

やがて線路は大きく左にカーブする。左側にはこんもりとした山があり、川が1本流れている。川と線路との間に住宅地がある。

川を1本渡る。

カーブを回りきったところ。この先は山北駅まで一直線。国道246号は線路を跨いで左側に出て行く。

もうすぐ山北駅。左右に土手があるが、かつての引上げ線の跡。奥に見えるベージュの建物はかつての山北機関区の跡地に建てられたものである。

山北駅構内。右に保守用車の留置線がある。右にある線路は本線とは繋がっていない。

左にかつての旅客ホームの痕跡がみえる。山北駅に到着〜。


山北  起点15.9Km 駅間2.8Km 明治22年2月1日開業

 

左側に公園がある。ここにD5270が保存されている。両側に見える木は桜の木。4月上旬には花見目的に多くの観光客・鉄道ファンが訪れる。

この撮影日(2006.2.4)には一番山北駅寄りの跨線橋をばらしていた。かなり老朽化していたので修繕していたのだろう。

線路はしばらく掘割を進む。この写真の奥に見える緑の跨線橋が列車&桜狙いの、この撮影地では最も有名な場所である。

掘割が終わると1本川を渡る。箱根第1号トンネルが見えてきた。

箱根第1号トンネルを抜けるとまたすぐに第2号トンネルへと突入する。左に見えるのが複線時代のトンネル。

第2号トンネルを抜けて右にカーブするとすぐに酒匂川第3橋梁を渡る。

ここには小さな集落がある。

左カーブ後、すぐに酒匂川第2橋梁を渡る。左側に複線時代の橋脚が見える。

左カーブ後に国道246号バイパスをくぐる。前方に見える信号機は谷峨駅遠方信号機。酒匂川第1橋梁を渡り、すぐに箱根第3・4号トンネルに突入する。トンネルの中で断面が異なっている箇所があるが、かつて2つのトンネルだったところが関東大震災の際に土砂崩落で谷間が埋まり、トンネルを掘って繋げたものである。

トンネルを抜けて少し行ったところに谷峨駅がある。右に見えるのは国道246号。

谷峨駅構内。相対式ホーム2面の駅。後方に東名高速道路の巨大な橋梁が見える。


続き(谷峨−御殿場)はこちらです

 

前面展望:東海道線 熱海−沼津 沼津−原 原−冨士 冨士−蒲原  蒲原−清水 清水−静岡

前面展望:御殿場線 国府津〜松田 松田〜谷峨 谷峨〜足柄 足柄〜御殿場 ※国府津−御殿場間は2006.2.4撮影
 
御殿場〜富士岡  富士岡〜裾野  裾野〜沼津 ※御殿場ー沼津間は2005.10.15に撮影しました。

※静岡県内私鉄路線の前面展望につきましては「たわたわのページ」(川柳五七さん運営)で
紹介されています。ぜひそちらもご覧ください。
たわたわのページ」内前面展望画像の紹介ページへ→
伊東線・伊豆急行 伊豆箱根鉄道駿豆線 岳南鉄道 静岡鉄道 大井川鐵道

配線図 御殿場線配線図   東海道線(熱海ー静岡)配線図  東海道線(静岡−豊橋)配線図
身延線(冨士−身延)配線図   身延線(塩之沢−甲府)配線図   伊東線配線図
 
岳南鉄道配線図   静岡鉄道配線図  大井川鐵道(大井川本線)配線図
遠州鉄道配線図  

※当ホームページはフレーム構造を採用しております。フレームが表示されない場合はホームページトップより入り直して下さい。